感じる力を呼び覚ます。

こんにちは、あやこです。

 

最近、目の痒み、咳、くしゃみ、鼻水、肌の痒み等に悩まされています。

続に言うアレルギー体質です。

他にも、冷え性や生理不順、便秘など、多くの女性が抱える悩みも持っています。

以前は、よく膀胱炎にもなっていました。

健康とは言い難い状態でした。

 

体にそういった症状があるとやはり不快に感じます。

症状を改善させるべく、病院に行ったり、食事に気を使ってみたり、これがいいと言うものは試してみたり。

でも、完全に良くなったという状態にまでは至っていません。

正直、私に治す気がない、それが原因です。

 

不快な状態はもちろん嫌なのですが、どうしてその状態になっているか?を考えた時、「そりゃ、そーなるわ。」ってことを繰り返している自分に気づきます。

トイレを我慢する、暴飲暴食をする、不規則な生活をするなど、身体を労わるということをしてきませんでした。

体に現れている不調は、私にもっと体を大事にしなさいというメッセージでした。

 

セラピストをしていながら、自分の身体は不調だらけでは、全く持って説得力に欠けますよね?

私的には、身体にいいとされることをしてきたつもりでしたが、結局自分にとっていいかどうか?は自分の身体に聴くしかありません。

私はそれをしていませんでした。

人が良いとすることばかりを鵜呑みにして、自分が感じていることを無視し続けていました。

 

私の様な人、現代人に多いような気がします。

情報に惑わされてしまって、自分にとってどうなのか?がわからない。

心よりも頭を優先している人。

今の自分が何を感じているか、気づいていない人。

思考に支配され過ぎてて、感じる力が鈍ってしまっている人。

 

人間として当たり前に備わっているはずの『感じる』という力。

その力が、本当はものすごく重要だったってことを改めて実感しています。

感じる力がなかったら、肉体を維持することはできません。

だから、最近は積極的に、自分が心地良いと感じることをしています。

自分にとっての心地良さは、頭で考えてもわかりません。

どう感じているか?を自分自身に問う。

一つ一つ丁寧に。

時間に追われていると、それが難しくなります。

 

ゆっくりお風呂に浸かる。

手作りのご飯を味わって食べる。

お日様にあたる。

風を感じる。

体を動かす。

動物と触れ合う。

気が休まる人と過ごす。

どれも、何てことないことですが、『感じる』ことに意識を向けたら、そんな当たり前の時間がものすごく大事だったことに気づきました。

これは、体だけじゃなく、精神を整えることにもつながってますね。

良かったらこちらの記事も読んでみてください。

精神状態を整えるには?

体が教えてくれるメッセージに耳を傾けながら、自分にとって心地良い時間を増やしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です