目に見えない力はすべての人にある

おはようございます、あやこです。

 

昨日に引き続き、目に見えない世界について書いてみたいと思います。

昨日の記事では、瞑想が引き寄せを実感できるようになる鍵だとお伝えしました。

私も以前は、目に見える力を信じたいけど信じられずにいたので、瞑想をしても実感という実感は自分では感じていないと思っていました。

それでも、とにかく瞑想をすることで何かが変わるというより、変えたい!という想いで続けていました。

ずっと、自分の人生に疑問を感じながら、いつも漠然とした不安があった当時の私、そんな状態から抜け出したい一心で、何かをとことんやってみよう、自分で変化を実感できるまで絶対に続けようと決めていました。

今までは、何もかも中途半端で、少しかじってはわかった気になって、「私の求めているのはちょっと違う気がする」そんな言い訳を自分にしながら、何も続けられずにいました。

そんな自分にも嫌気がさしていたし、何か根本的な所から変えていきたい、そんなことを思っていた時に瞑想に出会いました。

 

私の経験から、確かに瞑想は、目に見えない力を実感する鍵にはなります。

おまけに発想力もついてきます。

続ければ、確実に実感できるようになります。

でも、私がここまで実感できるようになったのは、信用できるメンターの指導の下行ったからだと思うのです。

 

目に見えない力というのは、本当は私たちの身近にあるものです。

でも、そのことに気づいていません。

普段から本当はあるのに気づけずいるものを、どうやったら気づけるようになるのか?

それは、もう教えてもらうしかありません。

私もなかなか実感するまでというか、それが目に見えない力だと受け入れるまで時間がかかりました。

瞑想した時の感想をメンターに話していて、何気なく言ったことの中に、「それがそうやに!」と言われ、私はいつも半信半疑でいました。

「えっ?こんなことが?うそでしょ?」という感じです。

だったらいつでもその感覚ってあるんじゃないのかなと思い始めるようになっていきました。

 

ですから、瞑想の後に、メンターに感想を話すことがなければ、ここまで目に見えない力を実感し、信じられるようにはならなかったと思います。

瞑想でも何でもそうですが、はじめはやっぱりその道のプロに直接教えてもらうことが近道なんだと思います。

教えてもらわなければわからないことっていっぱいあります。

そして、やっぱり直に教えてもらうことが一番です。

教えてもらってはじめてわかるようになるからです。

 

目に見えない力は、誰にでも備わっている力ではありますが、その使い方を知らなければ使うことはできません。

まずは、使い方を知ること。

そして、使う練習をすること。

使い方を知ったからといって、すぐに使えるようにはなりません。

何でもそうですが、やはり練習が絶対に必要です。

まずは使えているという実感を持つこと。

そして、それを少しづつ上手く使えるように練習すること。

さらには、それを応用してその力を最大限に発揮できるようになることです。

 

そこまでなるには、やはり指導者がいなければ無理です。

でないと、正しく使えるようにはならないからです。

 

はじめて見る道具を使う時は、使い方さえわかりません。

教えてもらわなければ、何のために、何をどうやって使うのかさえわかりません。

教えてもらって、やっとわかるようになります。

 

使う用途が間違っていては、その道具本来の力は発揮されません。

使い方が間違っていては、大けがをする危険性だってあります。

そうやって考えれば、目に見えない力も指導者に教えてもらう方が安全なんです。

 

目に見えない世界のことを世間ではスピリチュアルと言ったりして、ブームにもなっています。

すると、その力を本来の使い方とは真逆の使い方をしている人たちもたくさんいるように感じます。

するとどんなことが起こるのか、考えるとゾッとします。

 

目に見えない力は、本来の目的のために使う。

そのことを理解した上で使うからこそ、ものすごい力を発揮するのです。

それをみんなが理解し感謝して使うことができるようになるといいですよね。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です