引き寄せの法則を信じられない人へ

引き寄せは、今すでに起こっています。

それは、過去のあなたが引き寄せた結果です。

この法則をちゃんと理解して、人生に効果的に使えている人はほとんどいません。

信じることができていない人も大勢います。

それはなぜでしょう?

こんなにも話題になり、引き寄せはすでに起こっているのにも関わらず、多くの人が上手く使えているようには思えない現状。

それは、信じていないことが原因です。

そして、正しく理解していないことも原因の1つでもあります。

 

私たちは、物理的に五感で感じること以外のことを実感できるという人はあまりいません。

どうしても、人間はこの五感に頼って生きています。

すると五感で感じる以外のことを、それ以上に信じることが難しくもあります。

 

例えば、目に見えている物は信じられるけれど、目に見えない物を見えているもの以上に信じることは難しいのです。

私たちは魂が肉体に宿っていると言われています。

肉体は目で見てわかりますが、魂となると目には見えません。

魂は肉体よりも遥かに大きいので、魂が肉体に宿っているなら、本来の自分は肉体よりも遥かに大きいことになります。

でも、多くの人は肉体までしか自分自身とは思えていません。

実感できないものを、信じることはなかなかできないのかもしれません。

 

でも、この実感はできていなくても信じるということが、引き寄せには非常に重要なんです。

ここがクリアできていないことで、上手くいかない人がほとんどです。

 

信じられないものを信じることができるようになるためには、どうしたらいいのか?

私もここで何度も躓きました。

信じたいのに信じられない自分がずっといました。

そこにフォーカスしている限り、それは変わりません。

 

頭は、今まで自分が経験してきたことによって判断しようとします。

すると、未知のことは理解ができず、どうしても躊躇してしまうのです。

 

「あなたは本当は飛べるよ!」と言われて、それを心から信じることができますか?

信じることができているなら、「ビルの上から飛び降りて。」と言われたとしても、何の躊躇もなく飛び降りることができますよね?

でも、信じることができていないと、たとえ飛べると言われても、躊躇ってしまいます。

この躊躇いこそが、信じていない証拠です。

信じているのと、信じていないのでは必ず行動が違ってきます。

それはわかりますよね?

 

信じられないものを信じられるようにするには、信じて行動した結果に得られた経験が必要になってきます。

意味わかりますか?

 

飛べると信じていない人が、飛べると信じられるようになるためには、飛べる経験をしてはじめて信じられるようになります。

だとしたら、飛ばなければその経験は得られません。

ということは、信じられないとしても、信じていたらする行動をしていかなくてはなりません。

 

これは、練習が必要です。

どうしても、信じていなければ、信じていない行動になってしまいます。

引き寄せが上手くいかない原因はここです。

 

人は、ないものをあると信じて行動することが難しいのです。

引き寄せを上手く働かせるコツは、あると思い込むこと。

思い込んで行動すること。

それを徹底することです。

この徹底することができていない人がほとんどです。

無意識になってしまうと、やはり信じていない時の行動が出てしまいます。

発する言葉1つにしてもです。

すると、途中まで引き寄せていたとしても、途端に遠のいてしまうのです。

 

この途中まで引き寄せている現実も、目には見えていないと引き寄せている実感が持てないのかもしれません。

実感できなければ、また信じられない思いを強くするばかりです。

こうして、悪循環が起こって、引き寄せが上手くいかないということがさらに起こってしまいます。

 

じゃあ、どうしたらいいの?と思いますよね?

信じられない自分にフォーカスするのをやめて、信じている自分だとしたら?と、それを想像して、

信じている自分が取る行動をすることです。

はじめは上手くいかないかもしれません。

でも、諦めないことです。

繰り返し繰り返しその自分で行動すること。

一度や二度失敗したからといって、諦めないことが大事です。

すると現実が変わり出し、信じられるようになっていきます。

そうなってきたら、コツを掴んで、より効果的に使えるように実践あるのみです。

 

引き寄せを信じていない自分にフォーカスするのではなく、信じている自分で行動すること。

それを何度も繰り返すことです。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です