死ぬ気でやるとはどういうことか?

死ぬ気でやるとは?

こんばんは、あやこです。

 

あなたは、何かを死ぬ気でやったことはありますか?

私は、今まで一度もありませんでした。

何かをとことんやり抜いた経験。

よくスポーツをしていた人なんかは、そういった経験ありますよね?

 

私も、学生時代は運動部に所属していましたが、「絶対にレギュラーになってやる!」とか、

そういった一生懸命さはありませんでした。

ほどほどにやる感じ。

受験勉強にしても、たいしてしなかったので第一志望の学校に落ちて、将来思い描いてた夢もそうそうに諦めました。

 

そうやって考えてみると、本当に何が何でも成し遂げたい、手に入れたい、そう思って必死になってやった経験が一度もありませんでした。

恋愛でも、別れてからもずっと忘れられないとか、この人がいないと生きていけない、なんていうこともありませんでした。

 

今思えば、全部逃げてたなって思います。

本当は、失敗した時のことばかり考えて、傷つかないようにしてきたんだと思います。

傷つくのが怖かったから。

弱い自分、格好悪い自分をを見たくなかったから。

自分を捨てる

傷つかないように生きてきたのに、かえってそんな生き方に傷ついてる自分がいました。

だから、変わろうと決めた。

人生そのものを変えようと、生き方を変えようと。

あの時の私は本当に必死でした。

そこで自分を捨てました。

 

そうか!そういうことですよね!今気づきました!

すみません、自分の中で色々わかってしまって・・・。

 

その時はとにかく必死だったので、死ぬ気でとか考えてもいませんでしたが、自分を捨てるということは死ぬのと一緒ですよね?

自分がいなくなるんだから。

 

あの時、私は死ぬ気で自分の人生を手に入れようとしていました。

おかしな話ですが、自分を捨てたら、本当の自分を手に入れることができました。

私が一番欲しかったもの。

人生をかけて

本当に欲しいもののためだったら、人間なんでもできます。

人生をかけて、私は自分の人生を手に入れました。

そんな経験をしてきたにも関わらず、そのことを忘れてしまっていました。

私の人生において、最も重要な経験だったはずなのに・・・。

人間は本当に忘れる生き物ですね。

 

私は今あるミッションを与えられています。

それを死ぬ気でやりなさいと言われています。

でも、死ぬ気でやるってどうしたらいいんだろう?って、最近の私は疑問に思っていました。

死ぬ気でやるで私が思いついたのは、寝る間も惜しんでとか食べる暇もなくやるって感じです。

究極的には、息を止めればいいのかな?なんて思ったりしていました。

小学生レベルの発想です。

 

死ぬ気でやるって、結局自分を捨ててやるってことです。

それぐらい必死で。

 

今回のミッションにもう一度私の人生をかけます。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です