人生を楽しむために必要なたった1つのこと~その2~

おはようございます、あやこです。

 

昨日の続きです。

ヨットは人生そのもの。

そうやって考えていくと、ヨットの楽しみ方がまた違った感じで味わえます。

ヨットに乗ることで色んな気づきが得られます。

スペシャルサプライズイベント

さて、セーリングのみで目的地へ着くことは残念ながらできませんでした。

この日は、そんなに寒くはありませんでしたが、風がほとんどありませんでした。

そうなると、もうお手上げです。

自然を相手にコントロールしようとしても、それが無駄なことだということは誰でもわかります。

早々に諦めて、エンジンで走るほかありません。

私は、エンジンの振動があまり好きではありません。

せっかく、音も無く静かに走るヨットがエンジンをかけてしまってはヨットの良さが台無しって思ってしまいます。

でも、そのエンジンをかけて走ったおかげで、スペシャルサプライズイベントがやってきました!

大の大人たちがみんな大はしゃぎ!!!

何が起こったと思いますか?

わかるわけないですよね?

実は、イルカの群れに遭遇したのです!!!

メンバーの1人が「あっ!」と声を上げます。

すると、また他のメンバーも「あっ!!」と同じく。

気づかないメンバーたちは、「何々???どうしたの?」

気になってしかたありません。

「イルカーっ!」

メンバー全員、「きゃーーー!かわいい!!!」

もうその連発です。

うるさいうるさい。

私たちのヨットの後に付いてきているようです。

それがまたかわいくてしかたありません。

こんな近場の海で、野生のイルカが見れるなんて思ってもみませんでした。

しかもあんなにたくさん、しかもすごく近くで。

よくよく考えてみると、ほとんど背中しか見えておらず、かわいいも何もないのですが・・・。

でも、かわいかったんです。

普段は水族館でしか見ることのないイルカが、すぐ目の前にいるなんて、ホントに奇跡ですよ。

もう、エンジンの不快さなんて何のそのです。

おかげでイルカさんたちに会えたんですから。

話しによると、イルカはエンジンの音に寄ってくるらしいのです。

もしこれがセーリングのみで走っていたら、イルカさんたちには会えなかったかもしれません。

これは、私たちにとって相当なプレゼントになりました!

これだけでも、行った甲斐がありました。

みんなかなりテンションが上がって、終始にっこにこでした。

イルカの力ってすごいです。

 

結局、当初の目標、セーリングのみでNTPマリーナりんくうまで行くのは無理でしたが、誰ひとりそんなこと気にもしていませんでした。

さすがwill beのメンバーだなと思いました。

こうやって、普通に書いてあるので気づかないかもしれませんが、なかなかこのような展開にはならないと思うのです。

どのへんが?と思いますか?

『すべての選択』がです。

目の前の状況を思い切り楽しむ!

みんな切り替えがすごく早くて、その時の状況に応じて、その場を目一杯楽しみます。

これって、実はなかなかできないことでもあります。

同じ状況を体験していただかないとわからないかもしれませんが、人ってすぐに何かに囚われてしまいます。

過去の後悔や未来の不安や心配事などです。

するとそのことばかり考えてしまって、目の前に起こっていることに目を向けられなくなります。

そうなると、楽しむことなんてできなくなります。

たとえ楽しい状況がやってきても、その状況に気づけないのです。

私たち、will be のメンバーたちは修さんの教えで、常に楽しむことが最優先です。

だから、どんな状況でも楽しめてしまいます。

これは、修さんのおかげでもあると思うのですが、修さんは常に楽しそうにしています。

すると、周りも自然と笑顔になっています。

1人が楽しんでいると、それを見ている周りも楽しくなって、楽しみはどんどん倍増していきます。

その渦の中にいると、そんなこと意識をせずとも楽しんでる自分になってしまっているから、本人も気づかないかもしれません。

それでいいのです。

気づかないうちに自然になってしまう感じ。

あなたが不在では楽しめない

常に、その瞬間楽しむことを最優先させること。

そのためには、今にいることが大切です。

それなくして、今を楽しむことはできません。

不安や心配事に気を取られていては、今この瞬間、あなたは不在です。

あなたが不在では、楽しい状況が目の前に起こっていても、楽しむことはできません。

まず楽しい状況に気づきません。

楽しみを感じようとせず、頭の中のことに気を取られてしまっているから。

それでは非常にもったいない。

不安なことや心配事があったとしても、それは一旦脇に置いて、常に今を意識することです。

 

今日も最後までありがとうございました。

次回も、ヨットで気づいたことを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です