生きることに必死になる

「生きる」ことに必死になって、はじめて今まで当たり前だと思っていたことが当たり前じゃなかったことに気づく。

 

当たり前がなくなっていくと、些細なことが、今までの何倍も有り難く感じる。

 

「生きる」ことに必死になって、改めて、当たり前だったものの価値に気づくことができた。

 

今では、心から本当に有り難いと思える。

 

何となく生きてた頃は、そんなことに全く気づけなかった。

 

私は、色んなものが当たり前だと感じるような、そんな有り難い環境にいながら、幸せを感じられなかったのだから、本当に不幸だったと思う。

感謝すらできずにいた。

 

今、こうして、それらを再確認できて、私は幸せの真っ只中にいる。

これを奇跡と言わず、何と言えばいいのだろう?

私は本気でそれを実感している。

今までそんなこともわからなかったの?と笑われても仕方がない。

やっと、本当に気づいたんだから。

人が何と言おうが関係ない。

私がそう感じているのだから、誰も疑う余地はない。

 

私は本当に幸せ。

誰が何と言おうと幸せ。

 

ここまで導いてくれたメンターである修さん、そのパートナーの理香さん、そして、will beのみんな、本当にありがとうございます。

感謝してもしきれないほどです。

 

まだまだ、これは道の途中であって、ここからもっともっと多くの奇跡が待ってる。

そのワクワクを胸に。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です