楽しいことがない人は、頭の中の引きこもりです。

おはようございます、あやこです。

 

私は、今のメンターに会うまでは、楽しいと思えることがあまりありませんでした。

夢中になってやってしまうことや、これがどうしてもやりたいと思うような何か、それがありませんでした。

そういった何かがないと、やっぱり人生の中で何か物足りないような気がしていました。

でも、そんな何かを見つけることは簡単ではありません。

なかなか見つけようと思っても、見つかりません。

今、夢中になれることが1つでもある人は、それだけでも有り難いことですね。

 

実は、何か夢中になれるような趣味が欲しいと思っている人って、多いんですよね?

運よく何かに出会える人よりも、見つけられない人の方が圧倒的に多いです。

私も、見つけられない人の1人で、そんな趣味があれば、もっと人生が楽しくなるのにって思ってました。

 

でも、本当はそれは大きな間違いだったんです。

楽しめる何かがないから、人生が楽しめないのではありません。

そんな人はいつまで経っても、夢中になれる何かに出会えることはありません。

そして、人生を楽しむこともできません。

 

でも、がっかりしないでください。

人生を楽しむための、とっておきの秘策があります。

それ、知りたいですか?

 

そもそも、そんな人に共通しているのが、何でもかんでも考え過ぎ。

頭の中に答えがあると思っています。

だから、いつも頭の中で答えを探しています。

ずっと頭の中にいる状態。

心当たりのある人は、そのことに気づいていますか?

おそらく長年のクセなので、無意識にやってしまっている人が多いと思います。

ですから、まず自分がいつも頭の中に引きこもっている状態に気づかなくてはなりません。

そして、頭の中で答えを探すのをやめることです。

頭の中に楽しいと感じているあなたはいません。

感じるのは頭の中のあなたではないからです。

 

私も、頭の中に引きこもって何十年も生きてきたので、なかなかそのクセはやめられませんでした。

頭の中の自分がすべてだと思って、頭の中の声が本当の自分の声だと勘違いしてしまっていたのです。

でも、頭の中の自分は、ほとんど不安がベースです。

だから、どうしてもマイナスにフォーカスしてしまうので、物事のマイナスの面ばかりに目がいきます。

プラスのことがあったとしても、そちらにはあまり意識がいきません。

すると、マイナスなことばかりが引き寄せられているような気がしてしまいます。

でも本当は、マイナスばかりが引き寄せられているわけではありません。

あなたにはそう見えているだけで、ちゃんとプラスのできごとも起こっています。

そこに意識を向けていないので、マイナスなことが多いように思い込んでいるだけなんです。

だから、頭の中に引きこもっていると、そんな状態を引き起こしてしまいます。

その状態では、楽しいことを探そうと思っても、無理なんです。

楽しんでいる自分には気づかず、楽しめていない自分にしか意識が向かないからです。

楽しいと感じているあなたは頭の中にはいません。

だから、頭の外に出てこなくては見つかりません。

 

頭の中から出てくるって感覚わかりますか?

今、目の前で起こっていることに意識を向けるのです。

誰かと一緒にいるなら、その相手を見つめ、その人の声をちゃんと聴く。

頭の中ではなく、その場にいること。

そこに意識を向けるように意識することです。

目の前のことを頭ではなく、すべての感覚を使って味わいます。

感じたものによって多くのことがわかります。

頭だけを使っていては、多くを取り逃がしてしまっています。

ちゃんと今にいれば、頭の中に引きこもる時間も少なくなっていきます。

 

まずは、頭の中に引きこもっている自分に気づくことです。

それに気づいたら、今に意識を向けること。

その練習を繰り返していると、夢中になる楽しいことがなくても、楽しんでいる自分がいることに気づき出します。

すると、自然に夢中になれる何かも見つかります。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です