セラピストに資格なんて意味がない

おはようございます、あやこです。

 

あなたは、セラピストで成功したいと考えていますか?

もしくは、セラピストを職業にしたい、なんて考えてはいませんか?

このどちらも諦めた方がいいかもしれません。

「え?なんで?」と思われた方は、こちらの故事をお読みください。

セラピストで成功は、幻想です。

セラピストによくある思い違い

今、セラピストの数は年々増えていっています。

自宅の一室をサロンにすれば資金もそんなにかからずに済む、

自分ひとりで好きな時間だけできる、

資格を持っていればいつだって仕事ができる、

そんな理由から、特に女性に人気があります。

そして、今の世の中、疲れて癒しを求めている人が多いから、需要があると思っている人も多いかもしれません。

 

癒しを求めている人が世の中に大勢いるとしても、ただ資格を取ってセラピストになった人に、人を癒す力があると思いますか?

セラピストになったからといって、そんな力が備わったなら、もっと世の中が変わってもいいような気がします。

セラピストなんて傲慢以外何者でもない

私も恥ずかしながら、セラピストになって人を癒したい、そう思っていた人の一人なので、偉そうなことは言えません。

それに、そんなセラピストで成功を目指す人たちは、人が好きで心の優しい人が多いのも知っています。

あれ?これ自分で自分を優しいって言ってるようなもんですね?

すみません。

でも、人を癒したいなんて、実はものすごく傲慢なんです。

そのことを自覚しなければいけません。

案外気づいてない人が多いかもしれませんね。

そんな人は、きっと周りの人からは「いい人」で通っているのかもしれません。

それに、自分でもそう思っていたりするのかも。

私はそうでした。

すごく嫌な奴ですね?

こうやって書くと嫌な奴ですけど、自分を弁解するわけじゃないけど、気づくとそうなってしまう自分がいたんですよね。

「いい人」でいなくちゃって思ってる自分が。

長年培ってきた癖で、無自覚なんですよ。

今となっては、知らないって恐ろしいって思いますけど。

知らずにそんな恥ずかしいことをしていたんですから。

自分のことがまったく見えていませんでした。

セラピストに人は癒せない

結局、セラピスト自身が自分をわかっていない状態で、人のことをちゃんと見れるの?って思いませんか?

私は思います。

セラピストの資格を取れば、自分のことがちゃんとわかるようになりますか?

ますます見えなくなっていく一方だと思います。

人を癒せると思ってしまう傲慢な自分がどんどん膨らんでいくだけです。

そして、ある時気づくんです。

自分に人は癒せないってことを。

そこではじめて、セラピストって何なんだろう?って思うわけです。

まぁ、気づいたらいいですけど、気づかなければセラピストで成功するという幻想を追いかけ続けることになります。

そんなことにならないためにも、セラピストの資格を取るなんてことは、無意味なので絶対に辞めてください。

 

でも、私のブログタイトルは、「セラピストで成功するために」です。

私はセラピストで成功しています。

書いてることと矛盾してますよね?

この記事は、ライバルたちを蹴落とすために書いたの?と思われそうですが、違います。

その逆です。

目を覚ましてほしいからです。

セラピストで成功するために、「資格を取って、独立して・・・」なんて考えは捨ててください。

 

セラピストで成功は幻想なのに、私が成功できたのには理由があります。

『セラピストで成功する方法。私しか知らないセラピスト成功法』

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です