最高のセラピスト、この人には敵わない!

おはようございます、あやこです。

 

土日は、メンターのお家へお邪魔していたのですが、土曜日の朝行ってみてビックリ!!!

メンターが今まで見たこともないような笑顔で、黒いモコモコした子を抱っこしているではありませんか!?

思わず私も駆け寄りました!

生後三ケ月のバーニーズの赤ちゃんです。

名前はルードくん!

土曜日に来たばかりなのに、みんなもうメロメロ。

 

当初の予定では、ヨットに乗りに行く予定で、ヨットハーバーに集合だったのですが、急きょメンター宅になったので、どうしたのかな?と思ったら、そんな事情でした。

そんな急な予定変更も、この子のせいだったら仕方ないと、誰もが思ったのでした。

ルードくんのためにみんなで大掃除が始まりました!

大の大人10名ほどを簡単に動かしてしまうルードくんの影響力にはビックリです。

もう間違いなく世界は彼を中心に回っています。

 

私は、みんなが大掃除をしている中、ルードくんのお守を任されていました。

一番いい役回りです。

みんな、ごめん!

もうね、ずっと見ていられるんです。

何をしてても、してなくても、ただかわいいだけ。

いるだけで幸せな気持ちにさせてくれるって、もう究極ですよね?

これ以上の癒しはありません。

 

ペットを飼っている人はみんなそう思いますよね?

それに、人間の赤ちゃんもそうですね?

存在自体に癒される。

セラピストなんてホントいらないって思いました。

これは敵うわけありませんから。

 

ペットや赤ちゃんに共通しているところは、世話する人がいないと生きていけないというところ。

だから無条件でこの子のためにって思ってしまう。

向こうは何も考えず、全力ですべてを委ねてきますから。

その無防備さがたまらない。

そこが何とも言えず愛おしいんでしょうね。

 

やっぱり基本的に、人って誰かや何かのお世話をすることが好きなんですね?

自分より弱いとわかれば、何かをしてあげたくなります。

これが自分と同等、もしくはそれ以上と判断すると、そうはいかなくなるので人間関係が上手くいかなくなってしまうのでしょうね。

 

私はこの二日間で、ルードくんに完全にやられてしまいました。

私、「かわいい!」の連発で、それしか言ってませんでした。

彼なしではもう生きていけません。

大袈裟?

いやいや、ほんとにそうです。

飼い主でもありませんが、それぐらいメロメロです。

私の専属セラピストです。

彼は私のことなんておかまいなしで、好き放題やってるだけ。

それでも私は癒されてしまうんだから、需要と供給が完璧に成立しています。

 

私って猫派だったはずだけど・・・。

カテゴリーも猫好きになってるし、おかしい。

そんなこともうどうでもいい。

かわいければすべてOK!

 

ルードくん、どうもありがとう!

 

ルードくんの写真は、ベストショットが撮れたらまたアップしますね。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です