やりたいことは1つじゃない!

おはようございます、あやこです。

 

今日はいつもと趣向を変えて、私の普段の生活を書いてみたいと思います。

興味のない方はスルーしてくださって大丈夫です。

私のライフスタイル

以前は夜型だった私ですが、今はだいたい朝の5時に起きています。

これはメンターのアドバイスによるもので、成功者は朝の波動の高い時間に効率よく作業をするということを教えてもらい、それを実践しています。

朝の5時から起きていると午前中には1日にやるべきことのほとんどが終わります。

朝食を軽く済ませてから、パソコンに向かってブログを書きはじめるのですが、いつも7時前には終わってしまいます。

あとは、洗濯や掃除をささっとして、今日は何をしようかな?と考えます。

朝方になると1日がとても有意義に感じます。

昔は、昼ぐらいまでダラダラ寝ていることが多かったので、あっという間に夜になってしまい、何もできずに1日が終わってしまうなんてことが多々ありました。

今思えば、何てもったいない時間の使い方をしていたんだろうと思います。

 

天気のいい日は、wiill beメンバーとラジコン飛行機を飛ばしに行ったり、メンターのヨットでセーリングをしたり。

天気が悪ければ、飛行機作りを手伝ったり、クラシック音楽を聴いたり、映画を観に行ったり。

毎日やることがありすぎるのも楽しいのですが、家でのんびりするのも好きだったりします。

自分だけの空間で、のんびりアロマを入れたお風呂に浸かりながら読書をしたり、自分の身体のメンテナンスのためにセルフマッサージをしたり、ヨガをしたり。

あとは、身体が欲している食事やデザートを自分のために作ったりもします。

そんな時間も、実はものすごく私にとっては大事なんです。

それらの時間をちゃんと確保しているからこそ、仕事らしい仕事、コンサルも楽しく全力でエネルギーを注ぐことができているんです。

きっと、自分が喜ぶことをしていなかったら、いいものは生み出せません。

コンサルをしていても、そこに全力でエネルギーを注ぐことができなくなってしまいます。

それでは、コンサルをする意味がなくなってしまいます。

私が全力でエネルギーを注ぐからこそ、コンサル生に伝わるのだと思います。

そうでなければ、伝わりません。

だから、そのためにも、これらすべての時間が必要なんです。

 

秘かに目論んでいる計画

趣味で飛ばしているラジコン飛行機ですが、今、計画があって、ラジコン飛行機を女性や若い世代にも広めたいと考えています。

これはwill beの計画の一部でもあります。

日本では特に若い世代の間ではメジャーになっていませんが、ヨーロッパなんかではものすごい人気です。

日本でも若い世代に広まってくれたらいいなと思います。

私も、メンターのすすめがなければ、この環境がなければ、ラジコン飛行機の世界を知ることもなかったし、はじめることもありませんでした。

はじめのうちはよくわからずやっていたのですが、今では自らこの演技ができるようになりたいとさえ思うようになりました。

前は、「飛行機なんてどれも一緒じゃん1」なんて思っていましたが、今では「この飛行機はかっこいい!」だとか、「これはかっこよくない。」なんて言っています。

しまいには、「YSのエンジンの音がいいよね!」と、エンジンについても語りだす始末です。

そんな風になるなんて、1年前では思いもしませんでした。

 

それに、ラジコン飛行機の効果にビックリしています。

これは、また別の機会に詳しく記事にしようと思っているのですが、ラジコン飛行機をただの遊び、おもちゃと甘く見てはいけません。

すごい効果を発揮してくれるのです。

ラジコン飛行機をやりはじめてから、will beメンバーに次々と変化があったんです。

自分で変化に気づく人もいれば、言われてはじめて気づく人もいます。

ビジネスにすごく役立つ力が身に付く効果があるんです。

これは私自身もすごく実感しています。

will beメンバーを見てても思います。

この続きは、またの機会に詳しく書きますね!

 

と、女性や若い世代に広めようというのが計画なんですが、私の腕がもう少し上達していたら女性に向けてアピールできたのですが、まだまだ下手っぴなので、「私の演技を見てください。」とは言えないのが残念です。

「私もやりたい!」と思ってもらえるぐらい、人様にお見せできるような腕前になることがひとまずの目標です。

でも、今のペースで練習していたら、いつになることやら?

もっと集中的に練習が必要です。

時間が足りない。

 

飛行機は練習中に落として壊すことはしょっちゅうです。

先日も大事な飛行機を落として壊しました。

その時の記事はこちら→失くして、改めて、そのものの価値に気づく

そうすると直したり、新しい飛行機を作るのに時間がかかります。

その間、練習はできなくなってしまいます。

だいたい練習用のラジコン飛行機一機で5万~10万はします。

落として壊れてしまえば、それがパーになってしまうわけです。

経済的な余裕がないとなかなかできない趣味ではあります。

 

若さという可能性を無駄にしないためにも、経済力が必要なんです!

ラジコン飛行機をやってる人は大体40代から80近くの年配の方ばかりで、若い世代にあまり広まっていないのはそのせいもあるのでしょうね。

きっと一度やったらはまる人はたくさんいると思うんです。

まずは環境がないということ。

その環境と、時間とお金とがあればやりたい人は多いはず。

 

なんでもそうですが、やっぱり若いうちにはじめると上達が早い早い。

みるみる上手くなっていきます。

だから、はじめるなら絶対に若い方がいい。

これは断言できます。

 

今はお金に余裕がないからなんて言ってたら、あっという間に歳をとってしまいます。

あの時やっておけばと後悔しないためにも、やりたいことを思う存分できる経済力、若いからこそ必要です。

20代なんて、まだまだ可能性に満ち溢れているのだから、その時間を無駄にしないでほしいと思います。

そのために、自由な時間とお金はいくらあっても損はないんじゃないですか?

自分には無理と諦める前に、方法はないかと探してみてください。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です