時間を大事にできない人は、成功できません!

おはようございます、あやこです。

 

昨日も、飛行機を飛ばしに行っていたのですが、全然上達していない自分がいました。

以前は、飛行機を飛ばしていて、そんなに怖いとは思わなかったのですが、最近は飛ばすたびに怖くなっていきます。

それは、あまり良くないことのようにも感じますが、自分が本気になってきた証拠なのかもしれません。

今までは、飛ばせるようになったらいいなぐらいで、練習になっていなかった気がします。

ただ飛ばしていただけで、適当だったんだと思います。

結局それは、逃げでした。

どこまでいっても逃げてる私がいます。

本当は上手くなりたいけど、それを認めてしまうと、できないところからできるようになるまでの険しい道のりが始まってしまうのが嫌だったからなのかもしれません。

それを楽しいと思えなかったからです。

楽しさをはき違えていて、喜びに目を向けれていませんでした。

それは、結果だけしか見れておらず、その過程の楽しさ喜びを知りませんでした。

 

成功は結果ではなく過程が最も重要なんて記事を書いておきながら、ラジコン飛行機に関して自分がそう思えていませんでした。

おかしな話ですね。

ときどき忘れてしまう私がいます。

 

頭ではわかってるつもりになってるけど、本当はわかっていないんですね。

これって、どうしてそんなことが起きるのかというと、自分がそれを実感するという体験をしていないからなんです。

つもりになっていただけで、心底思えていませんでした。

今ようやく、その体験をしています。

 

だから、本気で飛行機を一生懸命練習しようと思っています。

そのためには、恐怖心を抱きながらも、上手くなりたい自分を最優先させること。

つまり、恐怖心に負けず、成功を選ぶということです。

 

今までは、そこへ到達できる自分が信じられませんでしたが、今はそれを信じることができるようになりました。

それは、小さな成功をいくつも体験してきたからです。

だから、できる自分を信じることができるようになったんです。

正確に言うと、信じようと思うことができるようになったのです。

そう、今までは信じようと思うことすらしていませんでした。

自分のことなのに信じようとしていなかった。

 

このラジコン飛行機を飛ばすということは、私が自分をもっと信じられるようになるためのチャンスなんだと思います。

そうやって、自分に対する信頼を築き上げていくんですね。

自分のことを信頼できていなければ、人のことも同じように信頼することはできませんから。

これは、できるようになるまで、絶対諦めません。

 

下手な私ができるようになるためには、人より練習量を増やすしかありません。

そのためには、やっぱり時間が必要なんです。

ラジコン飛行機だけに集中する期間を作らなくちゃいけないなと思います。

そうすることで上達が早くなります。

 

何かをできるようにするには、必ずある程度の時間を要します。

楽器なんかもそうですね?

ピアノやギターがはじめから思うように弾ける人はいません。

コツコツ練習を積み上げたから、できる自分になれたんですもんね?

弾ける自分になりたいから。

 

フルサイズの飛行機で華麗な演技をしている私になりたいので、今日も練習行ってきます!

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です