あなたは幸せだって、知ってました?

こんにちは、あやこです。

 

ある日のメンター宅でのこと。

メンターが愛犬ルードに遊んでもらっていました。(あれ?逆かな?(笑))

メンターはルードに向かって、

「ルード、あんた、幸せやって知っとる?」

と話しかけています。

もちろんルードはお構いなしに、メンターの腕やら顔やらを噛み噛みしています。

 

何気ない日常のほほ笑ましい一コマですけど、これものすごく大事なことだと思ったんです。

何が大事かわかります?

知らない人も多いのでは?

私も実は、メンターから教えてもらって、はじめて気づいたのを思い出しました。

自分はすでに幸せだってこと。

何かがあるから幸せなんじゃなくて、私であることがもうすでに幸せってこと。

知らない人はいっぱいいると思うんです。

知っていたとしても、それを実感していない人も多いはず。

 

だからね、このメンターとルードのやり取りを見てて、教えてあげないと気づかないよなーって思ったんです。

まぁルードが理解したかどうかは別として、子供の時に大人がちゃんと教えてあげないとずっと気づかないまま、その子は大人になってしまう。

そうすると、大人になって、幸せになるための人生を歩み出すことになるんです。

でも、そうなると幸せが何かわかりません。

幸せを状況だと思ってしまうため、その状況を作ろうと必死になります。

幸せになるためには、お金がなくちゃ、美人じゃなくちゃ、スタイルが良くなくちゃ、好きになってくれる人がいなくちゃ、認められてなくちゃ、そういった様々な勘違いがはじまります。

幸せは、状況ではなく、精神状態

メンターはよく、「幸せは状況じゃなくて、精神状態やに。」とおいしい物を食べながら言います。

いくらおいしい物を食べていたとしても、精神状態が良くなければ、おいしいと感じられません。

食べ物がのども通らないとは、昔の人は上手いこと言ったもんですね。

 

親が子供に、「あなたは幸せなのよ。」ってちゃんと言ってあげるのって、すごく大事だと思います。

あと、「生まれてきてくれて、ありがとう。」これも。

存在自体に感謝しているということが大事です。

 

よく、「幸せになるんだよ。」って言ったり、「幸せを願ってる。」って人いますけど、ということは、今その時点では、その子は幸せではないことになってしまいます。

そんなつもりで言ってはいないと思いますけど、そうなってしまいます。

だから、ちゃんと、「あなたはもう幸せなんだよ。」ってことを言ってあげて欲しいと思います。

 

親になっている人でも、幸せが何かわからず、状況だと思ってしまっている人たくさんいますね。

そんな大人に育てられた子供は、幸せが状況だと思い込んでしまいます。

もともとは幸せだったはずなのに、それがわからなくなってしまいます。

幸せになるために、いい大学に行って、いい会社に入って、いい人と結婚して子供をつくって、それが叶わなければ幸せではなくなってしまいます。

運よくそこまではこれたとしても、それで満足できるとも限りません。

こんなの幸せじゃないってなった時には、もう残りの人生は限られてしまいます。

幸せな精神状態を保つためには、感謝の気持ちを持つこと

幸せは、状況ではありません。

精神状態です。

幸せな精神状態がどんな状態かわからない人もいると思います。

そんな人は、感謝の気持ちを持つことです。

それを言葉にすること、表現することです。

すると、だんだんと幸せな精神状態を実感できるようになっていきます。

精神状態は頭で理解することとは違いますので、そこは注意してくださいね。

 

幸せな精神状態で、さらに上の幸せを目指したければ、囚われから自由なることです。

多くの人が囚われているのが、お金です。

お金の囚われから自由になれば、幸せな状況も手に入れることができます。

精神状態だけでなく、幸せな状況も手にしたい、そんな欲張りなあなたは、こちらもどうぞ。

私がお金を生み出すこと、アフィリエイトをすすめる理由

 

それでは、今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です