自分をブランディングする

おはようございます、あやこです。

 

素朴な疑問です。

あなたは、他人から自分がどんな人間と思われているか知っていますか?

それは、あなたが思っている自分と一致していますか?

もし、そこにギャップがあるとしたら、それはどちらのあなたが本当のあなたなのでしょうか?

他人から見たあなたのイメージが、もしあなたが思っている自分よりもいい人間に映っているならブランディングの才能があるかもしれません。

逆に、あなたが自分で思っている自分より、他人から見たあなたのイメージが悪いと感じるなら、もう少しブランディングを考え直した方がいいかもしれません。

人生損をしている可能性があります。

 

今日は、ブランディングについて書いてみたいと思います。

そもそもブランディングとは何でしょう?

ブランディングとは?

ブランディングという言葉は聞いたことありますか?

ブランディングとは、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品サービス、それらを供給する企業団体のほか、人物建築物史跡地域祭事など、あらゆるものが該当する。

ウィキペディアより

ここは難しく考えないでください。

要は、あなたが他人にどんなイメージを持ってもらいたいかです。

これを、ビジネスで考えた場合、もしあなたがセラピストだとしら、どんなセラピストとしてお客様に知ってもらいたいですか?

ネットビジネスをやっているなら、読者がブログなどからあなたをどんな風にイメージしてほしいですか?

ブランディングとは、顧客に対してあなたをどんなイメージで認知してもらか?

それを決めてアピールしていくことです。

ブランドというと、女性なら高級ブランドの数々が頭に思い浮かんできませんか?

私はあまりブランドに興味がないので、ブランドごとにどんなイメージがあるのかよくわかりませんが、好きな人ならそれぞれブランドに対してイメージを持っていることと思います。

それと同じように、自分をブランド化することがブランディングです。

企業は高い広告費をかけて顧客に対し宣伝し、まずは認知してもらうところからスタートします。

顧客にどう認知されているかは、ビジネスにおいて非常に重要です。

どうやったらサービスや商品が売れるのかを考える前に、ブランディングすることの方が先です。

小難しいことを言っているように思うかもしれませんが、言ってることはごく当たり前のことなので難しく考えないでください。

このブランディングをすっ飛ばして、売ることばかりを考えてしまっている人が多いのでビジネスが上手くいかないのです。

今ビジネスが上手くいっていない、もしくはこれからビジネスをはじめようかと考えているなら、ブランディングは必須ですので頭に入れておいてください。

 

もし、あなたがこれからセラピストとして、ネット集客を展開していくとしたら、ブログやサイトなど1つは作ることになると思います。

その時に、このブランディングがちゃんとできているかでこの先の集客が上手くいくかが決まります。

個人でちゃんとブランディングを意識して、ブログやサイトを作っている人は非常に少ないと思います。

他の人はやっていないから自分もやらないのではなくて、他がやっていないからこそ、あなたはブランディングを意識してブログを作成すべきなのです。

ブランディングを意識できているかいないかで、ブログやサイトの構成から、集客、売り上げ、すべてにおいて影響してきます。

にもかかわらず、それを意識せずブログ運営をしていくのはすごくもったいないことです。

あなたの商品は何ですか?

あなたがセラピストだとしたら、あなたの商品とは何でしょう?

それは、間違いなくあなたです。

ネットビジネスも同じです。

でも、世の中にあなたを知っている人はどれぐらいいるのでしょう?

あなたがビジネスをしていく上で、ターゲットとする人たちにあなたを知ってもらわなければなりません。

そのターゲットの人たちに、ブログからどんなあなたをイメージしてもらえたら、売り上げにつながりますか?

そこをしっかり考えてブランディングをしなければ、ブランディングする意味がありませんので気を付けてください。

いくらブランディングをしても、結果的に売り上げにつながらなければ何のためにブランディングをしているのかわかりません。

ブランディングをするのは、ビジネスを成功させるためです。

自分を良く見せるためではありません。

 

では、次回ブランディングの仕方を詳しく書いていきたいと思います。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です