本当のドリームキラーは誰??

 

こんにちは、あやこです。

 

最近、ブログの更新をさぼっていました。

申し訳ありません。

気づいたら、もう3月ではありませんか?!

ホント早いですね~。

春はもうすぐそこまできてます♪

 

さて、今日はドリームキラーについて書いてみたいと思います。

みなさんは、ドリームキラーという言葉聞いたことありますか?

ドリームキラーとは、言葉の通り、夢や目標を壊したり、邪魔したりする人たちのことです。

身近にいて影響力を与えやすい人なので、親、家族、教師、恋人、友人、上司がドリームキラーになりやすいです。

 

でも、よく考えてみると、その人たちは本当にあなたの夢を壊したくてドリームキラーになったのでしょうか?

みなさん、わかると思いますが違いますよね?

身近な人だからこそ、あなたを心配するあまり気づかないうちにドリームキラーになってしまっているのです。

愛ゆえに起こってしまうこと。

 

自分が発したひとことで、子供が苦しんでいるなんて親はつゆ知らずですよね?

 

そんなことがどんな人にも起こっています。

もしかしたら、自分はドリームキラーに悩まされているって思っているかもしれませんが、

逆に自分が誰かのドリームキラーになってしまっている可能性もあります。

 

人は自分の価値観で判断します。

自分には到底理解できないことをしている人も世の中にはいます。

 

例えば、自分にはどう考えても幸せだとは思えない生活をしている人がいるとします。

それが全くの他人なら、そんな変わった人もいるんだな~で終わると思うのですが、

それが自分の愛する人だったら、どうします?

何か助言をしたくなりますよね?

私だったら「それで本当に幸せなの?」と訊いてしまいます。

でも、その悪気のないひとことでさえ、ドリームキラーとなりかねないのです。

 

本人は今で幸せだと疑ってないわけですから、「本当にそれで幸せなの?」と訊かれたことで、「他人には自分が幸せに見えないの?」と思い幸せに疑問を持ってしまう可能性があるからです。

 

ドリームキラーは、相手を思いやる気持ちがあれば生まれてしまうもの。

相手を尊重していれば大丈夫と思われるかもしれませんが、

未熟な私たちは、真の尊重をされると「愛がない」と思いがちです。

その辺のバランスが難しいところですね。

 

ここまで、ドリームキラーについて書いてきましたが、今の現状を見て自分はドリームキラーのせいでこんな現実になっていると思っている人も大勢いると思います。

果たしてそれは本当でしょうか?

確かに何らかの影響は受けていると思います。

でも、世の中には成功した人はたくさんいます。

実際に成功を手にしている人にはドリームキラーがいなかったのか?

 

きっとそうじゃないと思うんです。

 

人は生まれながらに愛されているもの。

だったらドリームキラーがいないはずありません。

 

では、成功者はどうして成功できたのか?

 

ドリームキラーに気づいていない、というより、ドリームキラーだと思っていない。

 

ドリームキラーというぐらいですから、その人に対して感謝の気持ちはなかなか湧いてこないですよね?

でも、その人から愛されていると思えば、自然と感謝の気持ちは湧いてきます。

だから、ドリームキラーのせいで上手くいかないというのは、ちょっと違うのかなと思います。

ドリームキラーを別の視点からみたら、愛しか見えません。

 

自分のことだとわかりにくいと思いますが、誰か他の人のドリームキラーを別の角度から見ると、愛が隠れていることに気づきます。

 

その視野を自分が持っているかどうか、そこが問題なのです。

もし、その視野を持っていたら本当のドリームキラーが誰かわかります。

 

 

結局一番のドリームキラーは自分自身だったんです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です