セルフイメージを高める方法、何か1つ自分で決めたことをやり抜くこと

セルフイメージが持つ威力、それを十分理解しているでしょうか?

自己啓発、成功法則なんかには必ず出てくる言葉です。

たとえセルフイメージを知っていたとしても、知っているだけで終わっていませんか?

セルフイメージは、知識として知っているだけでは何の効果も発揮されません。

というのも、私自身がセルフイメージを知識として理解しただけで満足してしまって、それで終わっていたことに最近ようやく気づいたからです。

せっかくの知識も無駄になるところでした。

もしかしたら私と同じように、せっかくセルフイメージを知識として知っていても、その効果を存分に発揮できずにいる人がたくさんいるかもしれないと思いました。

それは、あまりにももったいないことです。

ぜひ、その知識を実際に活かすにはどうしたらいいかを一緒に考えることができたらいいなと思います。

では、どうすればセルフイメージの効果を存分に発揮することができるのでしょう?

私的に効果のあった、具体的な方法を今回は参考までにご紹介させていただきます。

 

あなたのセルフイメージはどうなってる?

まず、自分が自分自身に対してどのようなセルフイメージを持っているか、そこを把握する必要があります。

自分の現在地がわからない状態では、目的地を決めたとしてもどの方向に進めばいいのかわかりません。

ですから、自分の現在地を知るためにも、私は自分で思いつく限りのセルフイメージを頭に思い浮かべました。

自分がイメージしたことが具現化する、そういう知識だけは一丁前にも私にはあったので、日頃からできる限りプラスのセルフイメージを思い描いていました。

それである程度自分のセルフイメージは高くなったつもりでいました。

これはずごくお恥ずかしい話でもあります。

実は、頭に浮かんだセルフイメージと、本来自分に抱いているセルフイメージは必ずしもイコールではありません。

本当のセルフイメージは、ほとんどの場合、自分が無意識のうちにしている言動に表れているので、自分ではなかなか気づけません。

そのセルフイメージとは、生まれてから今までの間に経験してきたことなどがきっかけとなって「自分はこういう人間だ」と自分で思い込むようになり、無意識のうちにできあがったものです。

ですから、自分の頭で考えたりイメージできるようなセルフイメージと、無意識のうちに染みついてしまったセルフイメージとは一致しないことがほとんどなんです。

ということは、自分で自分のセルフイメージを自覚するのは至難の業なんです。

だからと言って、自分で自分のセルフイメージを考えてみることに効果がないわけではないので、そこは勘違いしないでくださいね。

それはそれで、自分を見つめるいい練習にはなります。

 

では、自分が無意識に抱いているセルフイメージをどうしたら自覚できるようになるのか?

まずはそこからお話ししていきたいと思います。

無意識で抱いているものを、どうやったら自分で自覚できるようになると思いますか?

それは正直に言いますと、自分で自覚するのは無理な話なのです。

でも、自覚する方法がないわけではありません。

無意識とは言え、それは随所に自分の言動として表れています。

ですから、その言動を注意深く観察していれば、自分の無意識に抱いているセルフイメージが徐々に浮き彫りになってきます。

それを自分で観察し続けるには限界があります。

なんせ自分にとっては、無意識な領域なのですから。

では、どうしたらいいか?

それは、自分以外の誰かに見ていてもらうことです。

自分以外の誰かなら誰でもいいのかと言うと、そういうわけではありません。

ちゃんと観察できる人というのは、実は限られています。

だから、私にはメンターがいるのです。

もし、メンターがいなければ、私は今でもまだ、自分で毎日イメージし続けただけでセルフイメージを高めることに成功していると勘違いしていたに違いありません。

恐ろしいですよね?

そんな勘違いも、メンターがいたおかげで気づくことができました。

もし、メンターがいなかったら?と思うと、背筋がゾッとします。

私の失敗からもわかるように、セルフイメージを自分で判断しようとすると、勘違いが起こりやすいのは事実です。

そんな恥ずかしい過ちを防ぐためにも、第三者に判断してもらうことをおすすめします。

 

人は誰でも自分のフィルターを通してものごとを見ています。

フィルターを通している時点で、それは真実とは異なります。

真実とは異なれば、人を観察するなんてことはできません。

ですから、ちゃんと真実を見る目を持った人でなければ、人を観察するなんてことはできないのです。

自分自身を観察することは、もっと難しいと言えます。

もし本当にセルフイメージを高めたいのであれば、メンターをつけることが一番の近道と言えます。

メンターを選ぶ場合、真実を見ることのできる人が望ましいでしょう。

どんな人をメンターに選んだらいいのかわからないという人のために、私の判断基準としては、何かを継続的に行って極めた人がいいと思います。

なかなか探し出すのは難しいかもしれません。

それでも、まず自分の目を試すためと思って、一度は騙される覚悟で誰かをメンターに選ぶといいかもしれません。

セルフイメージを高める具体的な方法

前の項では、無意識のセルフイメージをどうやったら自覚できるか?私の経験でわかったことをお伝えしました。

今度は、具体的にどうすればそのセルフイメージを高めることができるかをご紹介します。

おどろかれるかもしれませんが、その方法とは、きれいさっぱりセルフイメージのことなんか忘れてしまうことです。

もっと詳しく説明します。

どういうことかと言いますと、セルフイメージを上げよう上げようと意識している時点で、「私のセルフイメージは低いです!」と言ってるようなものなのです。

私もセルフイメージを高めるために、毎日成功した自分自身をイメージし続けました。

でも、実際は何も変わっていませんでした。

これは、イメージをすることこそがセルフイメージを高める方法だと思い込み、それで終わっていたことが失敗の原因でもあります。

本当は続きがあったんです。

その続きとは、イメージ通りの自分になったつもりで、日々行動することが必要だったんです。

イメージ通りの自分、つまり成功した自分は、その自分をイメージするでしょうか?

もしすでに成功した自分だとしたら、その自分をわざわざイメージするなんてことはしないはずです。

ですから、きれいさっぱり忘れてしまうことが必要なんです。

ただ忘れるだけでは、今までと何も変わったようには思えませんが、それでいいのです。

無理やり上げようとがんばるのではなく、自然に上がっていく状態を作ることが大切なんです。

そのことを教えている人はあまりいないかもしれませんね。

セルフイメージが自然に上がっていく状態

セルフイメージは、上げようと思わなくても自然に上げることができます。

実は、上げようと思っていることが、セルフイメージを下げてしまっているのです。

まずは、そのことを知る必要があります。

そして、セルフイメージを上げようとがんばるのをやめることです。

どうすれば、セルフイメージが自然に上がっていくようになるのか?

そこが知りたいところですよね?

それは、セルフイメージの高い人たちと一緒に過ごす環境を手に入れることです。

セルフイメージの高い人と言えば、誰でも頭に浮かぶのが、成功者ですよね?

冒頭でも書いた、真実を見ることのできる人も、何かを極めた人=成功者であると言えます。

成功者と一緒に過ごすことが成功する秘訣と言われているのも、これが理由です。

どれだけの時間をセルフイメージの高い人たちと一緒に過ごすかどうかで決まります。

成功者と一緒に過ごす時間を多くすればするほど、知らず知らずのうちに、成功者の考え、行動が自然と身についていきます。

意識をしなくても、自分の考え方や行動が成功者と同じになっているのです。

そうやって、自然に行動を変える方法が一番無理なく続けることができます。

私が一度は勘違いしつつも成功することができたのは、この状態を手に入れていたからです。

だから、何に一番力を注ぐべきか?と聞かれた場合、真っ先に、成功者と過ごす環境を手に入れることと答えます。

その環境を手に入れさえすれば、ほぼ成功したと言っても過言ではありません。

 

もう一つ、セルフイメージが勝手に上がっていくとっておきの方法

成功者との時間以外で、もう一つとっておきの方法があります。

それは、タイトルにも書きましたが、自分で決めたことを継続して実践し続けることです。

それは、どんなことでも構いません。

今の自分にはちょっと難しいなと思えるようなことがいいと思います。

例えば、楽器を演奏できるようになると決めて、「いつまでにこの曲を弾けるようにする!」そこまでを目標とします。

そのためには、当然のことながら、練習しなければ弾けるようにはなりませんよね?

自分で決めた目標を達成するために、行動すること、行動し続けること、それが大事です。

そうやって成し遂げたことは必ず自信になります。

はじめは、本当に小さな目標でも構いません。

それができたら、もう少し高い目標へと移っていけばいいのです。

そうやって、自分で決めた何かを成し遂げる、それを繰り返していくことで、知らない間にセルフイメージは上がっています。

自分では上がったように感じなかったとしても、周りの人からはセルフイメージの高い人と思われるようになります。

自分だけしか自分のセルフイメージが高いと感じられなければ、そのセルフイメージにはあまり意味がありません。

自分でセルフイメージを高めようとしていなくても、周りからセルフイメージの高い人と認められていることの方がよっぽど価値があると思いませんか?

ここで勘違いしてはいけないのが、周りに認められるために行うのではないということです。

自分のために行うからこそ意味があります。

自分のためとはいえ、セルフイメージを上げようと必死になるのではなく、自分で決めた何かを成し遂げる、そこに意味があるのです。

自分との約束を守ることで、自己信頼が芽生えます。

それが自信となっていきます。

自分との約束が守れないと、いつまで経っても自分に自信が持てないままです。

自分に対する自信のなさが、低いセルフイメージを作っているのです。

ですから、自分との約束を守ることを前提に、はじめから大きな目標を掲げず、小さなことからコツコツ積み上げていってください。

それを繰り返していくことで、自分に自信がついてきて、セルフイメージは自然に上がっていきます。

私も色々試し紆余曲折してきましたが、ようやくこの方法にたどり着き、これが一番効果があると実感し、実践している最中です。

私もはじめは本当に小さな目標からスタートさせました。

ネットビジネスで言えば、とにかくはじめ記事すらまともに書けなかったので、まずは何でもいいから週1回でも記事を書こうと決め、それを実践しました。

次は週に3回。

それができるようになって、次は、読者に喜ばれる記事を書こうと決め、実践しています。

その次、その次と少しずつハードルを上げていっています。

そうやって目標をクリアしていくことで、自然にブログにファンができ、収益にも繋がっていきました。

それが、自分の自信にもなっています。

私でもできた!という自信。

その自信ができたからこそ、ネットビジネスだけではなく他のことに対しても、チャレンジしようという意欲が湧くのだと思います。

そうやって、知らないうちに人生を思う存分楽しんでいる私がいました。

 

ホントにはじめはすごく小さなことからでいいんです。

「自分にもできた!」っていう実感、達成感を味わうこと。

それが、セルフイメージを高める方法だと私は思って、今も実践しています。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です