人として大事なことが、ネットビジネスを実践してわかりました。

人として大事なことは何か、考えたことはありますか?

私も考えるもなにも、当たり前に知っているつもりでいました。

このつもりが、実はものすごく怖いってことを最近知りました。

 

私は、ネットビジネスをはじめてから、数えきれないくらい色々な経験をしました。

普通に会社勤めをしていたのでは、味わえないこともたくさん経験させてもらいました。

それは、本当に有り難いことです。

 

ネットビジネスというと、どこか自由が手に入るイメージがありませんか?

確かにそれは間違いではありません。

会社に出勤する必要がないため場所に縛られず、時間にも縛られることはありません。

確かに自由が手に入るといえばそうです。

でも、実際はこの『自由』がくせものだったりするのです。

これは、経験した人でないとわからないことかもしれません。

私も自由を知らずただ憧れていた人間なので、自分が経験してみて『自由』を維持する難しさがよくわかりました。

これは、決して『自由』を否定しているのではなく、『自由』で在り続けるためには学んでおいた方がいいと思うことがあったので、お伝えしようと思います。

 

ネットビジネスで自由を得る

人は、自分でも気づかないうちに多くのものに囚われて生活しています。

大まかなところで言えば、時間、お金、社会、常識、仕事、言葉などが挙げられます。

この囚われに気づいていても、それを当たり前、仕方のないこととして生きている人はたくさんいます。

本当に気づいていない人というのも、もしかしたらいるのかもしれません。

気づいていないということは、何の不自由も感じていないわけですから、『自由』を求めることはないのかもしれません。

その人は、状況に関係なく、もともとは自由なのですから。

私がお伝えしたいのは、囚われていること自体が悪いということではありません。

ただ、囚われていることによって、本当は大事なことが見えなくなっているということに気づいて欲しいのです。

これは、大きなお世話かもしれません。

でも、私はあれほどまでに憧れていた自由を手にして、本当に人生が変わったと感じました。

その経験は、多くの人が一度は味わって欲しいと思います。

 

私が自由を経験してみて気づいたのは、自分では囚われているつもりはなくても、知らず知らずのうちに囚われてしまっていることが多くありました。

おそらく私の場合は、ネットビジネスである程度の自由を経験したので、その事実に気づくことができたのだと思います。

せっかく自由になったのに、自由を満喫できない自分がいることにも気づきました。

そんなこと信じられないと思うかもしれませんが、これは私自身が一番驚きました。

その原因は、私自身にあったのです。

自由で在り続けられるための自分に、成長できていなかったのです。

私はいい歳をした大人です。

にもかかわらず、自分が学ばなければならないことを何一つ学んできていなかったのです。

そのことに気づいて、愕然としたのは言うまでもありません。

 

これからお話しすることは、私が自らの失敗で学んだことです。

頭のいい人なら、きっと私の失敗から何か学び取ってくれることと思います。

そうなれば、私の恥ずかしい失敗も、少しは人のためになって意味を持たせることができる気がします。

そうなれば幸いです。

人生の選択肢は無限にあることに気づく

ネットビジネスで、自由な時間とお金が手に入ることによって、人生の選択肢は格段に広がります。

まず、考えることができるという選択肢が手に入ります。

考えることが選択肢に入るの?と思うかもしれませんが、実際にその状況が手に入るかもしれないと本気で思わなければ、人は案外自分の人生について、ちゃんと考えることすらしていないんです。

だから、たとえ自由になったとしても、すぐにはやりたいことが見つかりません。

そして、時間だけが過ぎていくなんてことになってしまうのです。

それでは、せっかくの自由が無駄になってしまします。

大抵の人は、とりあえず暇を持て余すかのように、今まではできなかったことをしてみます。

好きな時間に起きて、好きな物を食べて、好きな所に行って、好きな人に会って、好きな物を買って、好きなだけ遊ぶ・・・。

それが当たり前になってくると、そんな生活にも飽きてきます。

そこでようやく、人生で本当にやりたいことは何か?を考え出すのです。

人生で本当にやりたいこととは?

でも実際のところ、本当に人生を賭けてやりたいことが見つけられる人はそうそういません。

それは、あまりにも多くのことに囚われ過ぎているからだと思います。

その囚われた状態に慣れ過ぎてしまっているのも問題なんです。

囚われがない状態では、自分で自分を管理しなくてはなりません。

言ってみれば、自分が自分の指針です。

私は、そこに難しさを感じました。

これは、私が人として未熟だったからです。

自分が未熟であることすら気づいていませんでした。

私は、自制心がなさすぎたのです。

 

ネットビジネスをするまでは、仕事に関して言えば、仕事は行かなければいけない、しなければいけないという思い込みがあったからこそ、できていました。

でも、ネットビジネスはあくまで自分次第です。

誰かに命令されてやるものではありません。

ブログの更新も、記事の書き方も、何を売るかも自分で決めて行います。

だから、自由な反面、コントロールできなければ、とんでもないことになるのです。

収益が上がるまでは、みんな必死でがんばります。

ブログの更新も毎日して、記事を書くのも真剣です。

でも、それをずっと続けていくことができないのです。

収益が上がり出した途端、今までがんばったんだから少しぐらい休んでもいいよね?という甘えが出ます。

その少しという甘えが、本当に危険なんです。

休んでいけないわけではありません。

休まずにやり過ぎるのも、自分が壊れてしまいますから、それはそれでよくありません。

その丁度いい加減でバランスを取り続けることが難しいのです。

自由を維持するためには、自分をコントロールする術を知らなければならないということに気づきました。

ただ「自由でいたい!」では、小さな子供です。

小さな子供が言うのはかわいいですが、大の大人がそんなことを言っていては笑われてしまいます。

大人は自分の判断で、物事を決めることができます。

ですから、判断を誤れば、自分を見失うことにもなりかねないのです。

一度自由を味わうと、なかなか元の囚われの多い生活に戻れないことは事実です。

自由を手にして、また失うということにならないためにも、自分自身をコントロールする術は身に付ける必要があります。

 

自分自身をコントロールする術を身に付ける方法

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、それはネットビジネスを実践することです。

そして、続けることです。

多くの人は、この続けることが苦手です。

続けることができないために、ネットビジネスで成功することができない人はたくさんいます。

ですから、まずこの続けるということも、自分をコントロールするためには必要なことなのです。

続けることさえできれば、どんなことでもある程度までできるようになります。

私にとって、ネットビジネスがいい例です。

とくにビジネスのセンスがあるわけでもない、文章力があるわけでもない、何か秀でた才能があるわけでもない。

それでも、失敗を繰り返しながらも続けてきたからこそ、今の結果が得られました。

何にもすごいところはありません。

むしろ、人としてはまだまだ学ばなければならないところがいっぱいあります。

それぐらい、未熟な人間です。

その自分の未熟さも、ネットビジネスを通してわかりました。

まず自由を味わって、自分をコントロールすることすらできない、未熟な自分を味わうこと、そこに気づくことが私には必要だったのです。

 

自分が上手くコントロールできなければ、当然のことながら収益も下がっていきます。

そうなってはじめて、大事なことに気づきます。

そういった、痛い思いをしなければ、人は気づこうとしません。

例え、気づいたとしても、変わることができません。

私は必要に迫られて、やっと自分を変えなければならないことを痛感したのです。

そうなってからでは、実は遅かったのだと今ではわかります。

でも後の祭りです。

それはそれで反省するしかありません。

反省した後、これからどうしていくのか?

 

自分自身をコントロールするために必要なこととは?

自分自身をコントロールするために必要なのは、結局のところ精神力です。

この精神力を鍛えることが、実はこれからの時代、求められてくることなのだと思うのです。

そんなこと、敢えて言うことではないのかもしれません。

本来なら知っていなければいけないことと言うか・・・。

でも、私の様に気づいていない人がいるかもしれません。

だからこそ、敢えて言葉で伝えなければいけないようにも感じます。

 

今の世の中には、情報が溢れかえり、欲しい物がすぐに手に入る状況になっています。

だから、今の人たちは我慢することを知りません。

我慢の必要がない状況だからです。

むしろ、我慢はストレスになるから良くないとまで言われています。

必要以上に我慢することは良くありませんが、我慢ができず欲のままに暴走してしまうのも考えものです。

欲を抑えることも、忍耐力を鍛えるのも、どちらも精神力が必要だと言うことを、私はネットビジネスで学びました。

そんな当たり前のことすら、長年生きてきて、私は学んできていなかったのです。

本当に情けない話です。

精神力を鍛えるのに、なぜ、ネットビジネスなのか?

自ら決めたことを実践し続けることで、本当にたくさんのことが身に付きます。

小さい頃からスポーツや楽器をやり続けてきた人が、続けてきて良かったと思うのは、人にとって本来必要な精神力が自然と身に付いているからなのだと思います。

精神力とは、鍛えようと思って鍛わるものではなく自然に身に付くものだと思うのです。

そのために必要なのが、自ら決めて実践し続けることなのだとわかりました。

これが私にとっては、ネットビジネスだったということなのです。

危機感を持って取り組まなければ、あまり意味がありません。

自分が限界を感じ、それでも、決めたことをやり通すために自分の限界を超えることに意味があるんだと思います。

そうやって、精神力が鍛えられていくのだと感じました。

これは私が経験したからこそ、言えます。

でも、まだまだ自分をコントロールできるまでには至っていません。

必死になってやりたいと思うことを見つけるのは、正直難しいことです。

趣味のようなことだと、必ず飽きがきてしまい、精神力を鍛えるところまではいけません。

だから、自分の生活がかかったネットビジネスを実践することをおすすめしているのです。

 

もう一つ、ネットビジネスをすすめるのには理由があります。

前回の記事で書いた、読者目線の記事を書く3つの心得でもお伝えしたように、ネットビジネスでは読者の立場に立った目線で物事を見れなければ、収益を上げることはできません。

これは、簡単なようで実はすごく難しいことなのです。

どうしても、人は知らず知らずのうちに自分の思い込みで、相手のことも見てしまう癖があるからです。

これも、実は囚われのうちの1つです。

例え思い込みがあったとしても、大事なことさえ守っていれば、はじめは相手の求めていることがわからなかったとしても、次第に見えてくるようになります。

その大事なこととは、一体なんでしょう?

私が思うに、人として、一番大事なことなのではないかと思います。

それは、人を思う気持ちです。

人を思う気持ちがあったとしても、自分本位であっては、それは相手を思っているとは言えないのです。

人を思う気持ちとは?

本当に相手のことを思っている場合、神経を集中させて、その相手に意識を向けます。

母親が自分の子供を思う時は、きっとそんな感じなんだろうと思います。

自分のことよりも、相手を優先させる気持ちがあるかも、大事なポイントです。

それができてはじめて、相手のことを思うと言います。

私も気づかないうちに、読者の目線に立っているつもりが、気づくと自分本位になっていたりすることは今でもよくあります。

そんな時の記事は、当然のことながら、読者は読んでくれません。

記事の内容だけではなく、言葉の端々から伝わってしまうのだと思います。

気を付けていても、知らず知らずのうちに自分本位の考えがでてしまいます。

これも、人として成長する必要がある証拠です。

 

無意識レベルの自分本位なところに気づくことができるのも、ネットビジネスのいいところだと思います。

今の時代、SNSなどが流行って、人と人との直接的なコミュニケーションがなくなりつつあります。

だからこそ、人を思う気持ちを大事にする必要があるのではないかと思うのです。

文章だけでのコミュニケーションは、必ずと言っていいほど誤解が生じます。

そこに、相手を思う気持ちがなければ、コミュニケーションは成立しません。

その思う気持ちをどう表現していくか?それを学ぶことも必要です。

例え思っていたとしても、それを表現しなければ何も伝わりません。

表現の仕方が間違っていれば、それはそれで伝わらないのです。

人を思う気持ち、その表現の仕方が自然と身に付く方法、それがネットビジネスなのです。

 

まとめ

今回は、私の経験から学んだことをお伝えしました。

これは、私だけに限られたことではないと感じます。

私ほどひどくはないとしても、必ずこのようなことに直面する人は、少なからずいると思います。

まずます便利な世の中になって、人に求められるのは、他人をコントロールすることではなく、自分自身をコントロールすること。

そして、人を思う気持ち。

これらが育っていなければ、これからの時代を乗り切るのは難しいと感じるのは私だけしょうか?

私は、運よく?ネットビジネスを通して、本当に痛い失敗をたくさん経験しました。

だからこそ、気づくことができたのは事実です。

自分が経験しなければ、いくら情報として知っていても、自分を変えようと思える人はなかなかいません。

この私の失敗をいかに自分のこととして感じるかも大切なことなのかなと思います。

人の失敗から学ぶこと、それも大事なことです。

これは、私にとっても学ばなければならないことでもあります。

 

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です