人生を変えた出会いの数々

 

 

こんにちは、あやこです。

前回は、自分を変えるきっかけとなったアロマについて書きましたが、今回は、私を次のステージへと導いてくれた瞑想について書いていきたいと思います。

瞑想との出会い

今思えば、瞑想との出会いも必然だったとわかりますが、その時の感覚では偶然が重なり合って私のために用意されたような感じでした。まさしく引き寄せです。

当時受講した講座で瞑想をすすめていたのもあって、自分で本を読んだりして自己流でやってみたものの、いまいちこれでいいのかなぁとコツが掴めませんでした。

そんな時に、たまたま私が読んでいたブログで瞑想会の案内があり、家から近いことと、そのブロガーさんとたまたま講座で一緒になり面識ができたので、思い切って参加してみることにしたのです。もし、そのブロガーさんと講座で一緒にならなければ怪しくて瞑想会へは参加しなかったと思います。

初の瞑想会だったので、怪しい感じだったらどうしようと少し不安でした。普段だったら必ずと言っていいほど後ろの席に座るのですが、部屋へ入った瞬間主催者の方と目が合ってしまい、後ろに行こうとすると「前にどうぞ。」と声をかけられてしまったのです。気の小さい私は断ることもできず、主催者の方の目の前に座ることになりました。

肝心の瞑想は?というと、終わってから感想をシェアしあうのですが、私的にはよくわからないまま終わったなって感じだったんです。何気なく「時計の秒針の音がやけに気になった。」と言ったら、主催者の方に「それ、ちゃんと実感できてますよ。毎日続けると、もっと効果が実感できるようになるよ。」と教えていただきました。半信半疑ではあったものの、とりあえずこれでいいんだと思えたのはかなりの収穫でした。

それから、月に2回開催される瞑想会には必ず参加し、家での瞑想も毎朝かかさずやりました。いつも飽き性で続かない私が、何カ月も続いたのは奇跡です。

実感がなくても続けること

アロマの時もそうでしたが、効果があるない関係なく、とにかく続けることです。

毎朝の瞑想は続けていたものの、瞑想会でのシェアは毎回決まり文句のように「とくに何も実感できませんでした。」ばかりでした。自分では、実体験と言えるような感覚は正直なかったのです。周りの人は、すごい映像が見えたり、光が見えたりしていましたが、私自身は何も実感できませんでしたが、なぜか焦りはありませんでした。

でも、不思議と現実は変わり始めていました。そのことと瞑想との直接的な関係を証明することはできませんが、でも現実は確実に変わっていったのです。

メンターとの出会い

実は、瞑想会の主催者というのが、現在私のメンターなんです。まさかそんな流れになるとは思ってもいませんでした。すべてはつながっていたのです。潜在意識の働きによって。そのひとつひとつを見ていくと偶然でしかないできごとも、こうして見ていくと偶然ではなく必然だったことがわかります。瞑想を続けなかったら、メンターと出会ってはいたとしても、ただの瞑想会主催者と参加者で終わっていたかもしれません。

やはり私の人生を大きく変えることができたのはメンターの存在なくしてはあり得ません。それだけ大きなショックを与えてくれたのです。でも、メンターに出会うために必要だったのが、瞑想やアロマで、どれかひとつかけてもこの結果には成り得なかったのです。

まとめ

すべては出会いです。出会いで人生は決まると言ってもいいぐらい。その出会いをどう生かせるか?

そう考えると本当に不思議です。すごいとしか言いようがありません。宇宙の計画は完璧なんです。当然ですよね。そこにどれだけ身を委ねられるか。

私もまだまだ揺れ動きます。何かあった時、一見するととんでもないできごとのように感じたとしても、それはそれで必要だから起こっていると思えるようになりました。だからといって何も感じないわけではありません。その時その時の感情を味わいながら、そこから私にできるベストを選択するだけ。感情をしっかり味わうからこそ、人生を楽しめるようになったんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です