周りの人が教えてくれていること

 

こんにちは、あやこです。

 

自分の見ている世界、今ある現実はすべて自分が創り出しています。

そのことは、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

では実際に、そのことを受け入れることができている人はどのくらいいるのでしょう?

 

頭ではわかっていても、なかなか自分にとって不都合なことが起きると目をそらしたくなってしまいます。

でも、不都合なことが起きた時こそ、その現実から何を学び取れるかが大切です。

自分の都合のいいように解釈するのではなく、そのことが何を意味しているのか?に目を見張らなくてはなりません。

 

昨日の記事で、母とのことを書きましたが、母との関係で、私は見たくない自分を見つけました。

このことだって、母を責めるだけで終わっていたら、子供な自分には気づけません。

気づけなければ、子供な自分をやめる選択もできません。

 

時には、人間関係で見たくない自分を見ることになるかもしれない。

それでも、自分を知ることができるということは、本当にありがたいことだと私は思います。

自分を知って、その自分が気に入らないなら変えればいい。

まずは、そんな自分を知らないことには、変わる選択もできません。

自分を変えると言うと、ありのままの自分を受け入れていないように感じる人もいるかもしれませんが、

そうではなくて、ただ選択を変えるだけです。

ありのままの自分を受け入れるからこそできることです。

選択を変えることによって、自分の創り出す世界は変わっていきます。

自分の見える世界も変わっていきます。

 

全ては、周りに人がいてくれるからこそ可能なのです。

自分にとって不都合なことが起こっているなら、

「そんな世界を創り出しているのはあなたですよ」と教えてくれています。

 

生きていく上で人との関わりを持たないことは不可能です。

周りに誰かがいるからこそ、自分を認識することができます。

周りに誰もいなかったとしたら、自分を知ることはできません。

そう思ったら、周りに誰かがいてくれるだけでもありがたいことなんだなと思います。

 

そんな風に思えるようになった自分に驚きですが、

そんなことに気づくことができるようになったのは、ある視野を手に入れることができたからだと思います。

その視野を手に入れることで、人生が思い通りになっていく速度が加速していきます。

 

その視野を手に入れる方法については、またの機会に♪

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です