思い通りの人生を考えてみる

こんにちは、あやこです。

インフルエンザ5日目。ようやく明日から外に出ることができます。ずいぶんのんびりできました。のんびりしすぎて、逆に疲れてしまったぐらいです。

今日は、思い通りの人生について考えてみたいと思います。

思い通りの人生とは一体?

あなたにとって思い通りの人生って、どんな人生ですか?

そのまま、思っていることが次々に叶う人生ですよね。確かに、それはそれは幸せな人生ですよね。

そんな人生が送れている人は、悩み事なんてないんだろうなぁと思っていませんか?私は、そのことがうらやましいと感じていました。実際は、物事がすべて思い通りにいっているからって、悩み事がないのではありませんでした。

そこを勘違いしている人が多いんじゃないかなと思います。恥ずかしながら、私も勘違いしていました・・・。

思い通りにいくことがいい人生?

多くの人は、思い通りにいかせることにばかり固執して、思い通りにいかないという事実に囚われてしまっています。そのことから逃れることしか考えられなくなってしまっているのです。すると、本当に望んでいることがわからなくなってしまいます。それは、どういうことかと言うと、「思い通りにいかないこと」をなくしたいと思うようになってしまっているのです。つまり、「悩むこと」をなくしたい、それが望みになってしまっているのです。

当然でしょ?と思われた方、要注意です。

人は思い通りにいかないことに対して、どうしたらいいかなぁと考えを巡らせます。この方法はどうだろう?これがダメならこの方法は?そうやって解決策を見つけ、試行錯誤した結果、思い通りにいく結果が得られるわけです。それが思い通りにいくということです。その過程を多くの人は嫌います。確かに、すぐに解決策が見つかればいいのですが、見つからなければ八方塞がりのように感じて不安になることもあるからです。その過程を通らずに、結果だけを手にしたがります。

では逆に、試行錯誤をしなくても、簡単に思い通りになった場合を考えてみましょう。

そこに、感動や喜びはあるでしょうか?

例えば、今あなたが自転車に乗れることに感動しますか?おそらく、何の喜びも楽しみもありませんよね?小さい子が、今までは補助輪を付けてしか乗れなかったのが、何度も転びながら練習を繰り返し、やっと乗れるようになるからこそ、感動するし喜びが生まれるわけですよね?そのプロセスがあるからこそ、結果を得て嬉しいのです。

そのプロセスなしに喜びはあり得ません。

思い通りにいかないことを経験するからこそ、喜びも倍増する!

そのことを忘れてはいけません。そのプロセスこそが大切だったんです。結果は後からついてくるもの。要は、どれだけそのプロセスを楽しめるかどうかです。

成功者はそのことを知っているからこそ、成功できるのです。

そう考えてみると、本来あなたが望んでいることは、思い通りの人生を送ることではないのではありませんか?思い通りにいくことがすべてではありません。

もう一度考えてみてください。

あなたが本当に望む人生とはどんな人生ですか?

もしかしたら、もうすでに手に入ってるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です