ターゲティングとは、あなたのメッセージを欲しがっている人を見つけること

おはようございます、あやこです。

 

あなたはブログを運営する上で、ターゲティングの重要性をちゃんと理解していますか?

 

ブログでは、伝えたいことを文章にしなければなりません。

これぐらいわかるでしょ?と大事な部分を省いてしまったり、誤解を招くような表現になってしまったりしていませんか?

これ、私はよくあることです。

メンターから注意されることもよくあって、直さなければいけません。

そんな私が書いても説得力に欠けるかもしれませんが、とても大事なことなので我慢して読み進めてください。

 

ブログのように読者が見えない場合、読んでいる人を想像しながら書かなければなりません。

あなたが想像する読者はどんな人ですか?

想像している読者に向けて、その人たちに役立つことを書いていますか?

 

読者によって理解度が違ってくるので、どのような読者に一番伝えたいのか?が重要になってきます。

一番伝えたい読者を決めることをターゲティングと言います。

ターゲティングをしないと、本当に伝えたい相手に伝えたいことが伝わらなくなってしまいます。

ターゲティングの重要性は、私も苦い経験があるので本当に痛感しています。

ブログをはじめた初心者の頃、読者は多い方がいいからと思って、ターゲットを絞らずにただ自分の伝えたいことを書いていました。

そうすれば、私の伝えたいことに共感してくれる人が出てきて、ビジネスにつながるだろうと思っていました。

今思えば恥ずかしい話です。

何も知らないって怖いですね。

ブログを読んではくれても、ビジネスにはまったくつながりません。

ブログを書くのは伝えたいことを伝えるためではありますが、それでおしまいではありません。

お金を生み出していく必要があります。

ブログをお金を生み出すための集客装置にするためには、ただ伝えたいことを書いてるだけではその働きはしてくれません。

 

セラピストがブログを使って集客をする時も同じです。

どんな人に向けてあなたのメッセージを伝えるか?

まずはそこを明確にすることで、あなたがターゲットとする人物像が浮かび上がってきます。

 

ここからが肝心です。

大抵の人はこれでターゲティングができたと思っています。

実は、もっと重要なのは、あなた目線から次は読者目線に変えることです。

どういうことかというと、今まではあなたが伝えたいことからターゲットを決めました。

次は、そのターゲットとなる読者が欲しがっていることは何か?を探るのです。

読者が本当に欲しがっているものとは?

あなたがターゲットとする読者に対して、あなたが提供できるものはその人たちの欲しいものと一致しているかどうか?

そこが一致しなければ、ターゲティングができていないも同然です。

 

あなたが提供できるものを読者にとって魅力的に感じさせることで、欲しいと思わせれることができれば勝ちなのです。

あなたの提供するものをより魅力的に映るよう表現するために、ライティング力があれば怖いものなしですね。

そうすれば、こちらからお願いしなくても、向こうからやってきてくれるようになります。

そうなれば、ビジネスは自然に成功していきます。

 

あなた中心の考えから、読者中心の考えに変えるということは、伝えたい情報ではなくて、欲しがっている情報を伝えるということです。

伝えたい情報ではなくて、欲しがっている情報です。

常に、あなたが伝えたいと思っていることを、読者が欲しがっている情報に照らし合わせて、ブログに記事を書くようにすることです。

これは、読者となるターゲットがしっかりイメージできていなければ、その読者が欲しがっている情報は想像できませんよね?

どんな仕事をしていて、どんなライフスタイルで、家族構成は?

そして、どんなことに不満があって、何が悩みか?

より詳細にイメージできればできるだけいいです。

イメージによって浮かび上がってきた不満や悩みを解決できるような情報を提供する、それを繰り返していくことで、読者から見込み客に育っていきます。

要は、あなたがどれだけターゲットとする読者の悩みを解決することができたかどうかです。

 

どんな人があなたに悩みを解決してほしいと言っていますか?

あなたの情報を欲しがっている人を見つけること、それがターゲティングです。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です