セラピスト成功に必要な環境作り

セラピストで成功するための環境を手に入れる

おはようございます、あやこです。

 

独立して個人で仕事をはじめるようになると、どうしても孤独感があります。

するとこのような疑問が出てきたりはしませんか?

今のままでこの先も大丈夫だろうか?

独立をすると必ずこのような疑問は出てくると思います。

ここで、そんな不安はない、私は大丈夫と思ったなら注意が必要です。

 

個人でやっていると、他のセラピストの情報がなかなか入ってこなくなります。

セミナーで知り合った人と、情報交換しているという人もいるかもしれませんね。

ただ、同業者同士だとやはりライバルとなってしまうので、本当に有益な情報を真っ先にライバルに教えてあげる人はあまりいません。

それに、相手に対して教えてあげることは、失礼にあたる可能性もあります。

そうやって考えていくと、独立したセラピストにとって本当に必要な情報は手に入らないのです。

でも、そのことに気づいていないセラピストは大勢います。

そして、そんなことに危機感さえ持っていません。

これが何を意味すると思いますか?

時代に取り残されてしまうということです。

それはどういうことかというと、セラピスト業界全体がなくなってしまう可能性だってあります。

癒しの概念が変われば、今のようなセラピストは必要なくなるかもしれません。

癒されたい人はいるのだから、セラピストという職業はこれからも需要があるなんて思っているなら気を付けてくださいね。

そんな人はこちらの記事をお読みください。

セラピストで成功は、幻想です。

未来の確実なことは誰にもわかりません。

どんな変化にも対応している人というのは、未来を予測して備えをしてある人たちです。

 

あなたは今後のセラピストという職業、セラピスト業界、癒すという概念がどうなっていくかを真剣に考えたことはありますか?

私は脅しているわけではありません。

そうではなくて、その可能性があることを頭の中に入れておいてほしいのです。

医療業界も、ずっと西洋医学が正しいとされてきましたが、ここ最近では対処療法ではなく、病気を根本的に治す考え方にシフトしつつあります。

そうなってくると、西洋医学だけでは病気は治せないということになってきます。

すると、医療業界全体が変化せざる負えなくなってきます。

その変化を恐れて何も対処していないと、時代に取り残されてしまうことになります。

セラピスト業界の在り方、セラピストの在り方が問われる

これがずっと正しいなんてことは、世の中ありません。

必ず変化します。

セラピスト業界だって同じです。

今の業界の在り方、セラピストの在り方は必ず変化します。

今のセラピーでは根本的な癒しは起きないとなれば、セラピストという職業自体危うくなります。

癒しに対する考え方が変われば、癒し業界が変化し、なくなる可能性だってあります。

セラピスト業界でそんなことを言っている人はどれだけいるでしょうか?

おそらくそんな人はいないと思います。

いたとしてもごく少数でしょう。

そんなことを言ってしまえば、反感を買う恐れもあります。

今業界で成功している人というのは、セラピストに対してセラピーを教えてセラピスト人口を増やしている人たちです。

そのセラピストたちがちゃんと職業として成功しているかと言ったら、どうでしょう?

9割のセラピストは稼げていないのが現状です。

それがこの先も続けば、セラピストという職業を考え直す必要が出てきます。

そうなった時、あなたはセラピストとして生き残ることはできますか?

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です